ネット社会における印刷物の立ち位置

ネット社会の現代でも印刷は現役です
ネット社会とは、コミュニケーションの電子化が当たり前の技術になり、紙に取って代わってコンピュータが筆記に使われる事を指します。
ただ、今も紙は存在していますし、電子ペーパーも完全に印刷と入れ替わったわけではありません。
その理由は様々ですが、一つは媒体に電気を使わなくても書き込んだり読める利点にあります。
インターネットには、必ず回線設備や接続を行う端末が必要で、そのどれも電気を使用して稼働します。
また、一度停電が起これば、特別な電源設備がない限りインターネットを使う事は出来なくなります。
つまり、ネット社会と紙は完全に入れ替わる事はなく、電気を使わない優位性は今後も残り続けると考えられます。
インターネットは便利ですし、文字を簡単にコピーして引用出来たり、編集も自在の行える点が優れています。
一方のインターネットの欠点は、見る環境次第で表示が崩れる事、総合的な品質は印刷に敵わない点が挙げられます。
ネット社会は、気軽に情報を調べたり簡単に知識を得る事が出来る方法ですが、長期的な記憶に残るとは必ずしも評価し難い問題です。
利便性もあるネット社会ですが、完全に過去の技術を変えてしまうだけの完全性はなく、ある意味で不完全さを内包しているので、これまでの技術も現役です。

印刷が今も完全にインターネットに変わらない理由
インターネットとコンピュータの親和性は高く、高速でテキスト検索が行える点は大きな長所です。
分からなければその場で調べたり、メモを取って保存する事も出来るので、今までの媒体以上に外部記憶としての性質が高まっています。
しかし、読み易さや記憶に直結する性質に関しては、旧来の方法の方が優れている面もあります。
研究によれば、コンピュータの画面より紙の方が記憶に残り易く、気軽にメモを手書きで書き入れられる部分もデジタルにはないメリットです。
読書家には、匂いのないインターネットより、紙の香りを感じながら本を読む事が好きな人も存在します。
これは、印刷にしか実現出来ない特徴なので、ネット社会だからこそ逆に魅力が表面化します。
ネット社会は便利ですが、他方ではコミュニケーションが密接になり過ぎたり、余裕のない社会になり易い側面があります。
紙の香りを嗅ぎながら読書を行ったり、手書きで文字や絵を描く事は、ある意味贅沢な行動になるかも知れません。
印刷には、活版技術の登場から現代までには長い歴史があるので、例え新しい技術が登場したとしても、完全に取って代わられる程軟ではないと評価する事が出来ます。

ネット社会が主流化した後の印刷
印刷は現役ですが、ネット社会が発達している事は事実で、印刷業界は緩やかな縮小傾向にあります。
印刷が必要とされなくなれば、印刷を糧として生活している人の仕事はなくなり、衰退してしまう可能性は否定出来ません。
ところが、家庭やオフィスでは未だに印刷のニーズがあるので、プリンターや印刷機器の需要は少なくないといえます。
減少しているのは、業務用向けの業界で、発注を受けてから大判や大量に出力するタイプの業種です。
家庭等では現役なのに、印刷業が縮小している原因には、本に対する需要の減少が主な理由になります。
紙の本は人気ですが、一日でインターネットに使われる時間、読書以外の活用場面は増えています。
ネット社会化した現代は、日常の様々な場面で主流となり、気軽なやり取りの多くは電子化されつつあります。
電子化は、資源の節約やコスト削減等、企業にとって多くの利点があるので、積極的に取り入れる企業は多くなります。
この様な状況には、利点だけではなく弊害もあるので、今後も長く続くとは誰にも断言する事は不可能です。
割合は縮小しながらも現役で、電子技術を保管する立場にある印刷ですが、紙の方が感覚的に使い易かったと再評価されれば、使われる場面は減少ではなく増加に転じる可能性もあります。

  • 最終更新:2016-05-12 20:31:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード