生活と印刷の切っても切れない関係

そもそも印刷とはどのようなところで活躍するのか
スマートフォンの普及により、日々のニュースはどこでも簡単に入手出来るようになりました。漫画や小説を始めとした娯楽も、簡単に閲覧できる世の中で紙媒体はどんどん消えている様に思われます。ですが私達の生活はまだまだ印刷とは切っても切れない関係にあります。
コンビニで見かける雑誌、ショーウインドウや電柱に貼られているポスター、街で配られるビラ・チラシ、服屋さんや美容室から送られてくるダイレクトメールなどの宣伝広告、友達などから送られてくる年賀状。また紙媒体だけでなく、旅行やパーティーなどの思い出を形にして残しておける写真、更には普段私達が着ているシャツなどの衣類などの衣類などの生活用品まで、すべて印刷が活躍しています。
近年ではパソコンやプリンターもより使い易くなり、写真、年賀状の印刷を家庭で行う方も多いのではないでしょうか。テレビやプラスティック製品・携帯電話、などにも印刷は使われています。勿論そういった商品を買う為の紙幣も印刷によって作られいる物です。
こういった様に印刷によって彩られいるものは世の中にはたくさん存在しています。あらゆる物が電子化しても印刷は私達の生活とは切っても切れないものです。

人々のコミュニケーションを支える印刷
印刷で作成できる物として、先述の雑誌や、ポスター、ビラやチラシ、ダイレクトメール、写真などがありますが、これは企業が消費者に対して投げかけるメッセージです。また年賀状、結婚式の招待状など、どんなにメールや、SNSが発達してもこういった、節目の挨拶は単なるデータのやり取りではなく紙媒体をつかったものを使います。
本当に大切な相手や、伝えたいことは、そのメッセージの内容以上に相手に対する思いや気持ちを伝えたいと思うものです。ですから実際に手にとってもらえる紙媒体を使うのです。それらを支えるのは印刷です。つまりは人同士のコミュニケーションのなかで会話は最も密なコミュニケーションですが、中々会えない人や、多くの人と連絡を取りたい時など、かつ自分の気持ちを出来るだけ伝えたいときなどはこういった紙媒体でのコミュニケーションが最適なのではないでしょうか。
私達の生活のなかでは様々なものが電子化されて行き、便利さ、手軽さと引き換えに、情報の裏側に見え隠れする相手の表情や、気持ちを推し量ることが難しくなっています。それは言い換えればメッセージの温度が伝わりにくくなっていると言えるでしょう。

教育の場ではやはり印刷は欠かせない。
教育とは多くの児童、生徒に一定のカリキュラムに則って学習させます。当然同じ内容の教科書を大量に用意しなければなりません。また教科書だけでは学習はできません。その補助として学習プリントを教師の方はクラスの人数分用意します。多数の人間に同じ内容を伝える時印刷が活躍します。
現在では、タブレットを授業で取り入れ、大量の教科書を持ち歩く必要がないようにしたり、教師の伝えたい内容が一斉に児童・生徒に伝わるようにしたりとここでも電子化の波は押し寄せてきています。ですが教育の場では、大目的である子どもたちへの学習効果が何よりも重要です。
教科書にアンダーラインを引く、ノートに鉛筆で書き記す、電子辞書ではなく分厚い辞書をなぞりながら調べる。これらの行為は先述のタブレット学習に比べれば労力もかかりますし、非効率的との意見もあるでしょう。ですが、脳は単調な動作ではなく、手を使い、目で様々なところを追うことでよりその力を発揮させることができるとの研究もあります。またデータで情報を管理することはまだまだセキュリティ上の問題や、データの紛失、破損などのリスクもあります。電子化、データ化の時代となっても、印刷の安心感というのはまだ人々は手放すことが出来ないでしょう。

  • 最終更新:2016-05-12 20:28:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード